精力減退は男性ホルモン低下が原因で起こります

精力減退,中折れ,原因・対策,若年性,20代・30代

男性は30歳以降になるとテストステロンという男性ホルモンの分泌量が低下していきます。

 

このことが原因で発生するのが精力減退です。

 

精子の量や運動量にも関わっているほか、勃起を助けるために血行を促進するので
男性にとって極めて重要な存在です。

 

子供を持つことを計画していても性欲が無くなってしまったり、
仕事を頑張らないといけないのにやる気がどうしても出ない、決断力が落ちたなど、精力減退はあらゆる場面に影響を及ぼしてしまうのです。

 

男性ホルモン低下は加齢による自然な流れでも起こりますが、他にもホルモン分泌が鈍る原因はあります。

 

心因性のものとしてあげられるのがストレスです。

ストレスが溜まってしまうと男性ホルモンの分泌に関わっている自律神経の不調を招きます。

 

ストレスを解消するために適度な運動をしたり、入浴でリラックスするための時間を作るようにしましょう。

 

亜鉛は勢力を高めるミネラルですが、リラックス効果もありますから、少し精神的に疲れていると感じたら飲んでおくといいですね。

 

生活習慣も男性ホルモン低下に関連しています。

 

食べ過ぎで肥満になると精力が健康な体系の人に比べて落ちていく傾向がありますし、喫煙によるニコチンもマイナスです。


精力減退や中折れの症状と改善法とは

加齢に伴って起こってくる精力減退や中折れという男性特有の悩みですが、精神的な要素も絡んでいます。

 

中折れはマスターベーション中は普通に勃起するのに、性交渉の最中に萎えることを言います。

 

これも勃起不全の一つです。

 

決して珍しい現象ではなく、40代男性の6割が経験したことがあるというデータも発表されています。

 

加齢やストレスが原因でテストステロンが減少することが影響を与えています。

 

中折れと同様に加齢で悩む人が増えるのが精力減退です。

性欲が衰えるだけではなく、やる気や判断力の低下も起こるのでパートナーとの夜の生活以外の広範囲に影響を与えるのが問題でもあります。

 

こちらにもテストステロンの分泌の減少が関わっています。

 

これらの症状を改善するためには、テストステロンの分泌量を増やして精力を増強するのがいいでしょう。

 

精力剤として有名なミネラルである亜鉛は食事からの摂取は難しいのでサプリメントなどで補いましょう。

 

適度な運動を行って汗を流すことも、テストステロンの分泌を高めます。

 

精力をアップさせるのにいい食べ物は、ニンニクなどの含硫アミノ酸を含んでいるものです。

 

テストステロンが増えやすくなります。

 

リラックスして副交感神経の働きも高めましょう。

精力減退の対策に最適な精力剤サプリメント

成人男性にとって精力減退というのは深刻な問題です。

 

結婚している場合は、奥さんにもこの影響が及んでしまいますので、一刻も早く状況を打開するように動かなければなりません。

 

精力減退の状態が長く続けば、当然ながら夜の夫婦生活に支障が出てきます。

 

旦那さんが頑張りたいという気持ちから性交渉をしようとしても結婚当初のようにうまくいかなくなれば、夫婦間に微妙な空気も流れてしまいます。

 

奥さんは旦那さんを気遣って強く非難しないこともあるでしょうが、やはり心の底では不満に思うもので、
こっそり他の男性との浮気を考えてしまう可能性もあります。

 

夜の夫婦生活のためにも改善しましょう

従って精力減退はゆくゆくは離婚という状況になってしまう危険性をはらんでいますので、精力剤サプリメントの対策をして症状の改善を図ることがベターです。

 

精力剤サプリメントは通販でも購入できますので、人に見られやすい近所のドラッグストアに買いに行くストレスもありません。

 

サプリメントには性的興奮を促す成分などが含まれていますので、いろんなものを購入して自分の体質に合うものを使うようにすればいいのです。

 

改善して夜の夫婦生活が元に戻れば家庭生活も安定しますので、離婚などの不安も消えてしまいます。

20代・30代の若年性EDの原因・対策

精力減退,中折れ,原因・対策,若年性,20代・30代

20代・30代の若い男性は中折れと精力減退には無縁な暮らしを送れます。

 

年齢的にも男性ホルモンの値がまだまだ減衰しておらず、特に病気や怪我を負わない限り、
セックスがまるで出来ない心身に陥る事はありません。

 

ただし、最近では若年性EDと呼ばれるリスクが世間一般に広がり始めています。

 

20代・30代にも関わらず、ペニスが性的刺激を受けても無反応になってしまったり、
女性に挿入しても即、中折れしてしまい、射精どころかピストン運動さえ満足に出来ない若者が増加中です。

 

若年性EDの原因・対策

 

若年性EDは、ストレスが主に関わっていますので、その悪影響を減らす努力を始めなければいけません。

 

特にセックスの経験が浅い20代・30代の男性は、いざ恋人相手の性行為になると、心が不安定になります。

 

  • 自分のペニスは小さくて女性に笑われてしまうのではないか。
  • 早漏にならないように頑張ろう。
  • 恋人を満足させられるか自信が無い。

こういった心の不安が若年性EDの原因となり、唐突な中折れの主要因となります。

 

対策としてはあまり気負いせず、常に冷静にセックスを始めるように意識する事です。


[精力減退対策と中折れ対策の方法を解説]関連情報